後ろ盾の分析





講演会の支援
★ 同和利権で、地方自治体としては、同和に丸投げをして、同和が文化人に講演会をさせている。
★ 日本基督教団
★ 大阪市立大学人脈
★ 龍谷大学人脈





時系列順にまとめた年表










      地方自治体  部落 朝鮮  日本基督教団 LGBT  HIV  SW

2001/06/30




 
   
http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/PDF/gakusyukai_yotei.pdf

東京・調布「辛淑玉講演会」(辛淑玉・富永・西牧・川上)
             
201/07/27


 
   
http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/PDF/gakusyukai_yotei.pdf
27 日 19 時00 分 「教科書問題を考える緊急集会・三鷹」実行委員会「あぶない教科書はいらない!」(武蔵野公会
堂ホール)(辛淑玉・富永信哉)
             
2010/04/06
(火)
   http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/201004ijyusya.pdf

第 1 回  4/6(火)18:30 ~ 20:30
辛淑玉 Shin Sugok(人材育成コンサルタント)「人種主義を考える――体験的 “ 人種差別 ” 考」

移 住 労 働 者 と 連 帯 す る 全 国 ネ ッ ト ワ ー ク / 在 日 韓 国 人 問 題 研 究 所 ( R A I K )/ 在 日 本 韓 国 Y M C A 主 催
     朝鮮  キリスト教
     
2000/10/28

   
http://www.jca.apc.org/HHK/Meetings/Meetings0010.html
========================-
こんなに”変” 辛淑玉から見た日本社会
13:00開場 13:30~16:30 500円
王子 北とぴあ 902号室
  王子駅北口2分 地下鉄南北線5番出口下車2分
  北区王子1-11-1(03-5390-1100)
講師: 辛淑玉
主催:戦争への道を許さない北・板橋・豊島の女たちの会(KITの会)
連絡先:03-3935-5796(吉岡)
====================

             
 
2000/12/15


 
http://www.jca.apc.org/keystone/K-ML200012/3361.html
 =============
12月15日(金) 生きとし生けるものが共に生きる武器のない世紀へ 時間*18:30
~/場所*渋谷勤労福祉会館(山手線渋谷駅7分)/発言*鎌田慧、辛淑玉、吉川勇
一/800円/主催*市民の意見30の会・東京(03-3423-0185)

===========

             
 

2002/03/14



   

https://www.city.tosashimizu.kochi.jp/fs/1/4/8/9/0/_/0305.pdf

広報とさしみず
土佐清水市役所


==========




============


辛淑玉 講演会



 地方自治体
           
2002/11/22
 
   
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=509
==============

日本人拉致被害者5人の帰日を期して始まった日本のマスメディアによる北韓関連報道以来、総連系同胞子弟への嫌がらせが多発していることに対して、在日同胞有志が22日、参議院議員会館で北韓関連報道のあり方を問う記者会見を開いた。マスコミ関係者を中心に200人が参加した。

 呼びかけ人を代表して辛淑玉さん(人材育成技術研究所所長)は「北の国家犯罪は厳しく糾弾されなければならないし、拉致被害者の気持ちと立場も当然伝えられなければならない。一方で民族・国家間の憎悪をあおる恐れを感じる」と述べた。

 続いて作家の金石範さんと梁石日さん、エッセイストの朴慶南さん、語学講師の梁澄子さんら今回の呼びかけ人、および賛同者8人が次々に発言した。

 このうち梁石日さんは「この間、『在日』に向けられてきた誹謗中傷を憂えている。日本人の拉致被害者家族も心を痛めているのではないか。もう少し公正に報道してほしい」と注文を付けた。

 この後、石丸次郎さん(アジアプレス)ら、日本人ジャーナリスト有志の主催による討論会「北朝鮮報道のあり方」が行われた。

(2002.11.27 民団新聞)

============

     朝鮮
       
 2002/12/07
   
http://www.jinken-osaka.jp/ainet/no67.html
===================

12月7日(土)10:00~16:30
ところ 島本町ふれあいセンターケリヤホール
内容 「人権の集い」
・韓国の「遊びなどの文化」を紹介 10:00~11:30
 出演者みのおチャンゴ
・講演会13:00~14:45
 講師:辛淑玉(しんすご)さん
 テーマ世の中ここがちょっとヘン~人権尊重のまちづくりのために~
・演奏会15:00~16:30
 韓国民族音楽 演奏者柳会
問合せ 人権推進課 TEL:075-962-0372


==============================



 地方自治体            

2003/10/19



 
   


http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000414903.pdf
=======
MIEチャイルドラインセンターは、なかなか自己肯定感を持てない子
どもたちが、一本の電話線を仲立ちに自らの心を開き、他人とつな
がることで生きる力となっていくことを願い、微力ですが週1回MIE
チャイルドラインを開設しています。2003年度も7月より受け手・
支え手養成のための講習会を開催いたします。
【プログラム】
●とき・内容・講師/時間はすべてPM2:00~PM5:00
7月27日(日)「チャイルドラインとは」(特)MIEチャイルドラインセ
ンター代表理事 田部眞樹子
8月17日(日)「子どもの権利条約」東京シューレ理事長 奥地圭子
9月7日(日)「身体を使って関係を結ぶ(ワーク)」オフィス516代
表者 佐久間広一郎(予定)
9月14日(日)「電話を受ける ロール・プレイ」NPO法人チャイル
ドライン支援センター理事 安達倭雅子
10月 5日(日)「学校に行かない選択肢」」不登校新聞編集局員 
石井しこう

10月19日(日)「セックスワークとセクシャルヘルス」SWASH/Sex
Work Sexual Health コーディネーター 桃河モモコ(予定)

11月 2日(日)「思春期外来」奈良県立医大看護短大教授 飯田順三

●ところ/アスト津(予定) ●参加者/中学生~大人
●参加費/大人8000円 青少年(中学生~22歳)4000円
1回のみ1500円
●申込・問い合わせ先/514-0002 津市島崎町132-40
NPO法人MIEチャイルドラインセンター
Tel.059-223-4944 Fax.059-223-3100
E-mail mie-childlinecenter@neo.famille.ne.jp

==============

桃川モモコ、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ

           HIV  SW
 2003/10/26
   
http://www.zaidan.info/seikabutsu/2003/00002/contents/0004.htm
==========

2003年度MIEチャイルドライン受け手講習会開催


第6回 10月26日 セックスワークとセクシャルヘルス 桃河モモコ氏(SWASH/Sex Work and Sexual Healthコーディネイター)
==========

桃川モモコ、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ

           HIV  SW
 2004/04/04
   
http://fanto.org/archive/chimata/chimata6.htm
=====================
『愛媛新聞』 2004年4月5日・朝刊から

趙博さんと人材コンサルタント辛淑玉さんの「ライプ&トーク」

 愛媛新聞連載企画「在日-負の遺産・人権編」の新聞労連ジャーナリスト大賞受賞と出版を記念した、ミュージシャン趙博さんと人材コンサルタント辛淑玉さんの「ライプ&トーク」(愛媛新聞社など主催)が四日、松山市民会館であり、約五百人が力強い歌声に聞き入った。

==========================


             

2004/04/14




 
   
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=2&newsid=3884
=============

地方参政権でフォーラム開催 14日、在日YMCA(04.11.3)
 在日同胞弁護士の有志でつくる在日コリアン弁護士協会(LAZAK)は14日、午後1時から在日韓国YMCAで「在日コリアンの政治参加を求めて」と題する第2回在日コリアンフォーラムを開く。パネリストは民主党参院議員の白眞勲氏、陳賢徳氏(民団中央執行委員)、辛淑玉氏(人材育成コンサルタント)、二木啓孝氏(「日刊ゲンダイ」編集部長)、高英毅氏(弁護士)ら。

 参加費1000円。問い合わせは(℡03・5524・2642)香科舎まで。

(2004.11.3 民団新聞)

============

在日YMCAは、日本基督教団関係



   朝鮮    キリスト教
     
2004/04/18



 
   
http://leejeongmi.com/schedule_past_body_a.htm
==============


在日三(元)乙女の井戸端会議
4月18日(日) PM7:30開演(PM6:30開場) 
酒処たまははき(渋谷区幡ヶ谷2-7-9 酒井ビルB1)
アクセス: 京王新線幡ヶ谷駅下車徒歩3分 
出演:辛淑玉(シンスゴ/人材育成コンサルタント)、朴慶南(パクキョンナム/作家)、李政美(イヂョンミ/歌手)
前売2,200円、当日2,500円(ワンドリンク付/限定40名/要予約)
予約・問合せ : たまははき TEL/03(5350)3163 

===============





             
 

2004/06/26


   
http://www.city.toyama.toyama.jp/data/open/cnt/3/5643/1/ai-18.pdf
=========
平成16年6月26日 とやま自遊館において

富山県部門功労表彰や男女共同参画推進事業所認定証の交付の後、先日開催された「男女共同参画社会
たかざわのり こ
づくり全国会議」で、功労表彰を受賞された高澤規子さんと女性のチャレンジ大賞の第1号を受賞された
そうまん か よ こ
惣万佳代子さんが紹介されました。富山の女性としてとても頼もしく、お二人とも輝いておられました。
「女(人)と男(人)とのもっといい関係」と題した講演では、テレビなどで活
しん す ご
躍している辛淑玉さんが、会場内を所狭しと駆け回り、ユーモアを交えながら、
「男・女・○○さんらしさ」というのは他人が決めたレッテルであり、「自分
らしさ」は瞬間の自分自身による「選択の結果」の集まりで毎日変わってもい
いものだから、もっと自分を大切にしてあげてほしい、と私達が生きる上で大
切なことを教えていただきました。会場は、講師と男性参加者との楽しいやり
取りが繰り広げられ、笑い声が絶えませんでした。

==========
 自治体            
 2004/07/23
   
==============--
第29回部落解放・人権西日本夏期講座
日程:2004年7月22日(木)~23日(金)
会場:岡山市総合文化体育館■7月22日(木) 受付:11:00~ 開会行事:13:00~13:20
 ●特別報告(13:20~13:40)
   「電子掲示板に関わる有害情報記録行為禁止条例の取り組み」
   小川雅史(岡山市人権推進室人権同和啓発課課長)
 ●講演①(13:40~14:50)
   「人権政策確立に向けた部落解放運動の課題」
   組坂繁之(部落解放同盟中央執行委員長)
 ●講演②(15:00~16:20)
   「これからの企業経営と人権-大競争時代を迎えて」
   竹内一夫(東京経済大学教授)
 ●講演③(16:20~17:40)
   「子どもの人権-虐待を防止するために」
   淺野律子(弁護士)
■7月23日(金)
 ●講演④(9:00~10:20)
   「鬼哭啾啾-歴史に翻弄されて」
   辛淑玉(人材育成コンサルタント)
 ●講演⑤(10:30~11:50)
   「人権と環境の時代を迎えて」
   炭谷茂(環境省事務次官)
■フィールドワーク 7月23日(金)(9:00~12:00)
 事前申し込み制、規模50名
 「渋染め一揆の歴史に学ぶ」

主 催:第29回部落解放・人権西日本夏期講座実行委員会
事務局:(社)部落解放・人権研究所、部落解放同盟岡山県連合会
対 象:部落差別の撤廃と基本的人権の確立を目指すすべての人々
規 模:3,500名
参加費:3,500円(参加・資料代、税込)

===============

   部落          
2004/10/16

 
   
http://leejeongmi.com/schedule_past_body_a.htm
============

在日3【元】乙女 トーク&ライヴ
~「いのち」を慈しみ、
横に並ぶ人たちとともに
クリックで拡大画面へ 10月16日(土) 13:30開場(14:00開会)
14:10~ リレートーク&ライヴ/15:50~ 3乙女そろってトーク
サインシャインホール(兵庫県津名郡東浦町浦148-1 TEL:0799-74-0250)
出演:辛淑玉・朴慶南・李政美
料金:入場無料(要整理券)
主催:東浦町人権教育研究協議会
問い合わせ・申し込み:整理券は下記にあります。
 ■サンシャインホール(0799-74-0250)
 ■教育委員会(0799-74-0638)
 ■地域社会センター(0799-74-4115)

===========



             
2004/08/26

 
 

===========
第30回長崎県人権教育研究大会
共 催:第30回長崎県人権教育研究大会地元実行委員会・長崎県人権教育研究大会・長崎県教育委員会
と き:2004年8月26日(木)・27日(金)
ところ:長崎ブリックホール・長崎県総合福祉センター・長崎原爆資料館
参加費:1500円(資料代)
■8月26日(木)
 9:30~10:30 受付
10:30~12:00 人権のつどい
13:00~13:40 開会行事
13:40~14:00 基調提案
14:00~15:30 記念講演「一歩踏みこんで~弱者たたきの風を考える~」(辛淑玉)
15:30~16:00 連絡・閉会
■8月27日(金)
 9:00~ 9:15 受付
 9:15~12:00 分科会・特別部会
13:00~16:20 分科会・特別部会
16:20~16:30 連絡・閉会

□分科会
第1分科会 人権のまちづくり-地域・人・もやい-原爆資料館ホール
第2分科会 授業をつくる-教育内容の創造-長崎県総合福祉センター講座室
第3分科会 つながる温もりを-自主活動と仲間づくり-長崎県総合福祉センター研修室
第4分科会 子どもたちに確かな未来を-進路・学力保障-ブリックホール会議室3・4
第5分科会 出会いと発見-基礎講座-ブリックホール国際会議場
□特別部会
 9:15~12:00 フィールドワーク「長崎の部落史を歩く」
13:00~16:00 ワークショップ「ピースフルな子ども時代をつくろう」


================

 
   部落          
 2005/05/30  
http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/50053685.html
==========
シンポジウム「外国人の社会参画のこれから」
~東京都管理職選考国籍条項を是とする2005年1月26日最高裁大法廷判決を受けて~
〔中略〕
日時 2005年3月30日(水) 18:00~20:00
場所 弁護士会館17階 日本弁護士連合会 1701ABC会議室
(地図参照)
東京都千代田区霞が関1-1-3 東京メトロ 霞ヶ関駅 B1-b出口
出演者 ■ パネリスト
鄭 香 均 氏  (東京都管理職選考国籍条項訴訟原告)
金 敬 得 弁護士 (東京都管理職選考国籍条項訴訟原告代理人)
江 橋 崇 氏  (法政大学法学部教授)
丹羽 雅雄 弁護士 (日弁連人権擁護委員会第6部会長)

■ コーディネーター
水野 彰子弁護士 (日弁連人権擁護委員会委員)
市川 正司弁護士 (同上)

■ 総合司会
高 英 毅弁護士 (日弁連人権擁護委員会委員)
師岡 康子弁護士 (同上)
=========



 
     朝鮮      

2005/08/06



 
   ==========

 フォーラム 「まだまだ終わりなき夏 (神戸会議報告)」

 日時   8月6日(土)午後1時-3時
 場所   かながわ県民センター(2005AIDS文化フォーラムin横浜会場)
 報告者 樽井正義(第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議組織委員会事務局次長) 
       桃河モモコ(文化プログラム副委員長、kavcaapプロデューサー)
       長谷川博史(PWA委員長、開会式司会者)
       池上千寿子(組織委員、開会式司会者)
       その他、会議参加者によるコメント多数(たぶん)    
 司会   宮田一雄(文化プログラム委員長) 
 このフォーラムは 2005AIDS文化フォーラムin横浜の参加企画として、エイズ&ソサエティ研究会議と第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議組織委員会が協力して準備しました。
  2005AIDS文化フォーラムin横浜については http://www.yokohamaymca.org/AIDS/ をご覧ください。


 神戸の第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議の報告がいろいろなかたちで出されています。
 会議にはほとんどかかわらなかった方からむしろ積極的な言及があるような印象もあり、興味深く感じるとともに、ICAAPを日本で開催したことのインパクトが小さなものではなかったということを再認識しています。いろいろ苦労はあったけれど、開いて良かったということでしょうか。

 しかし、ここで会議は大成功と喜んで乾杯するのはまだちょっと早いようです。もちろん、何かと理由をつけて祝杯をあげるのは楽しいことなので、乾杯を否定するものではありませんが、エイズの流行はまだまだ続いています。日本も含めアジアの場合、まだまだというより、いよいよこれからといった方がいいかもしれません。チアーズ。それなりに盛り上がりつつ、現実はシビアに受け止めていきましょう。

 会議の開会直前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表した報告書には「アジア太平洋地域はいま重大な岐路に立っている」と書いてありました。何年かあとに振り返って「あの会議はなんだったのか」と評価するときには、会議の後で日本のエイズ対策は変化したのか、それとも「いつも通りのやり方」が今後も続くのかといったことも含めた評価になるでしょう。

 会議に関与したか、しなかったかにかかわりなく、いまこそ、さまざまな立場の方のさまざまな発言を期待したいところですが、とりあえず組織委のメンバーとして会議の開催に比較的、深く関与した人たちに「いまだから話せるICAAPの舞台裏」といった内容も含めて、会議の評価と今後の展望について報告してもらう機会を持ちます。

 事務局の中心的役割を担った樽井さんからは会議の全体的な報告。桃河さんにはアートイベントkavcaap、およびクラブパーティinsertという二つのヒットイベントのプロデューサーとして、なぜエイズでアートなのか(あるいは、なぜアートでエイズなのか)といったお話。開会式で総合司会をお引き受けいただいた長谷川さんからはHIV陽性者の観点から会議をどうとらえたのか。同じく総合司会の池上さんからは来年の日本エイズ学会(東京)の大会長としての立場からもICAAPの経験をどう生かすかを視野に入れてお話しいただきます。

 会場からも積極的にコメントを受けたいと考えています。どしどし、ご参加ください。

=========
           HIV  
 
2005/12/04


   

http://www.town.echizen.fukui.jp/chousei/05/01/01/p000587_d/fil/attach00009197.pdf

===============

えちぜん男女共同参画

朝日多目的ホール


14:30~ 基調講演 辛淑玉 




============

福井県丹生郡越前町

越前町役場


 自治体
           
 2007/10/15    
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/dbps_data/_material_/localhost/sosiki/003/sihou_pdf_file/sihou0710/sihou0710.17-19.pdf
===============
【差別とたたかう上の島文化祭】 
◇10月15日㈪午後2時~3時30分=辛淑玉さんによる講演を
◇18日~21日午前9時~午後9時=作品展や発表会、模擬店を。
いずれも上ノ島総合センター☎6429-7640で(21日㈰は塚口西第1公園で3時まで)。
====================

兵庫県尼崎市

             

2008/01/12


 
   =========-

人権問題の実例を報告 テレビで活躍辛淑玉さん講演 ながさき人権フェスティバル




ながさき人権フェスティバルで講演する辛淑玉さん

ながさき人権フェスティバルで講演する辛淑玉さん
 第8回ながさき人権フェスティバル(県人権啓発活動ネットワーク協議会など主催、西日本新聞社など後援)が12日、長崎市民会館であり、テレビのコメンテーターなどで活躍する人材育成コンサルタント辛淑玉(シンスゴ)さんの講演などがあった。

 辛さんは「一歩ふみこんで…」と題して講演。自身の経験を基に、在日コリアンや被差別部落、知的障害者、夫や交際相手からの暴力などさまざまな人権問題の実例を報告。「差別は差別する人が決めている。人権や国際化とは、嫌だと思う人と一緒に生きていくことだということを真剣に考えてほしい」と訴えた。

 会場では、県内小中高校生を対象に募集した本年度の人権標語コンクールの表彰式があったほか、人権問題に取り組む県内の特定非営利活動法人(NPO法人)による公開授業や写真パネル展示などもあり、家族連れなどでにぎわった。


=2008/01/13付 西日本新聞朝刊=
====

http://naga-jinken.c.ooco.jp/event-news.htm

             
 2008/12/06
   
http://leejeongmi.com/schedule_past2008-2010.htm
============-
辛淑玉+李政美
トーク&コンサート 12月6日(土) 14:30~16:30
津市白山総合文化センターしらさぎホール(津市白山町二本木1139-2/TEL:059-262-5893) ※周辺地図を見る 
矢野敏広(ギター、マンドリン)
無料
【予約・問合せ】津市白山市民会館(TEL:059-262-7026)
===============


             
 2009/01/31
   

http://d.hatena.ne.jp/font-da/touch/searchdiary?word=*%5B%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8%5D&of=35

=================

「セックスワーカーのいるまち 2008」

◆主催: (財)エイズ予防財団
※このイベントは、平成20年度厚生労働科学研究費エイズ対策研究推進事業・研究成果等普及啓発事業により開催されます。
◆日時:2009年1月31日(土)14:00~17:00
◆場所:コミュニティ・センターdista(http://www.dista.be/about/) 
大阪北区堂山町17-5 巽ビル4F
◆参加者:18歳以上ならどなたでも(参加費無料)
◆プログラム(予定)
14:00~14:20  挨拶と研究班の成果発表(東優子)
“セックスワークと性の健康”
14:20~15:20  トークショウ(1)桃河モモコ×要友紀子×タミヤリョウコ
“セックスワーカー連帯の過去・現在・未来”(仮)は、
“セックスワーカー連帯の過去・現在・未来~私たちが安心して働ける未来はあるのか?!~”(仮)
15:20~15:30 休憩
15:30~16:30 トークショウ(2)松沢呉一×シモーヌ深雪×桃河モモコ
“安心するともっと感じる、ってソレほんと?”(仮)
16:30~16:40 休憩
16:40~16:55 パネリスト全員との質疑応答
16:55~17:00 終了・参加者へアンケートの依頼
URL http://www.sexba.jp/event/2009/200901311157.php



==================


桃河モモコ、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ

         ゲイリブ  HIV  SW
 2009/04/29

   
http://leejeongmi.com/schedule_past2008-2010.htm
====================
チャリティコンサート
ほうせんかの夕べ
4月29日(水・休) 14:30開場 15:00開演 18:40終演
【主催】「ほうせんかの夕べ」実行委員会
曳舟文化センターホール(東京都墨田区京島1-38-11) 地図を見る
アクセス:京成線「京成曳舟」1分、東武線「曳舟」3分、バス「曳舟文化センター」前
高校生以上2500円(当日3000円) 小・中学生2000円(当日2500円)
李 松子、趙 博、李 政美、辛 淑玉
グループほうせんか tel/fax 03-3614-8372 housenka1923@yahoo.co.jp
●このコンサートの収益金は、すべて関東大震災韓国・朝鮮人殉難者追悼碑の建立に使われます。
●13:15より、ホワイエで『隠された爪跡』(呉充功監督作品・1983年/58分)を上映します
【主催】「ほうせんかの夕べ」実行委員会

=======



             


2009/07/10


 
   

http://www.blhrri.org/old/info/ivent/nishinihon09/nishinihon09.pdf
=============
山口県スポーツ文化センター アリーナ

「部落問題は、いま ~若者からのメッセージ」
パネリスト 部落出身の青年たち
コメンテーター 組坂繁之 (部落解放同盟中央執行委員長)
コーディネーター 川口 泰司(山口県人権啓発センター事務局長)

============

=========
第34回部落解放・人権西日本夏期講座 後援団体

部落解放同盟中央本部
同和問題に取り組む全国企業連絡会
全国同和教育研究協議会
『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議
山口県
山口県議会
山口県教育委員会
山口市
山口市議会
山口市教育委員会
山口県市長会
山口県町村会
山口県市町教育委員会協議会
山口県都市教育長会
山口県町教育長会
山口県市議会議長会
山口県町議会議長会
民主党山口県総支部連合会
社会民主党山口県連合
(財)山口県私立幼稚園協会
山口県私立中学高等学校協会
山口県私立大学協会
山口県私立中学高等学校PTA連合会
(財)山口県専修学校各種学校協会
山口大学
山口県立大学
梅光学院大学
徳山大学
山口県経営者協会
山口県中小企業団体中央会
山口県商工会連合会
山口県連合婦人会
山口県農業協同組合中央会
山口県医師会
(社福)山口県社会福祉協議会
(社福)山口市社会福祉協議会
(財)山口観光コンベンション協会
山口市企業・職場人権学習連絡協議会
山口県人権啓発センター
自治労山口県本部
全水道山口県本部
浄土真宗本願寺派山口教区教務所
高野山真言宗山口宗務支所
真言宗醍醐派山口宗務所
真言宗御室派山口宗務支所
真言宗卍教団
曹洞宗山口県宗務所
山口県神社庁
日本基督教団西中国教区
天理教山口教区
金光教
浄土宗山口教区
時宗
立正佼成会山口ブロック
中国電力(株) 山口支社
西日本旅客鉄道(株)
NTT西日本 山口支店
(株)山口銀行
住友信託銀行 山口防府支店
(株)中電工 山口総括支社
ダイエー下関店
クボタ山口出張所
富士火災海上保険(株)
マツダ(株)
エーザイ(株)
積水ハウス(株)
朝日新聞社
毎日新聞社
読売新聞西部本社
日本経済新聞山口支局
山口新聞社
中国新聞防長本社
西日本新聞社
エフエム山口
tysテレビ山口
NHK山口放送局
KRY山口放送
yab山口朝日放送
(株)サンデー山口
(順不同)



===========

   部落    日本基督教団
     
2009

 
 11/28

 
http://www.msm-japan.com/topic/wp-content/uploads/2009/11/gakkai_panf.pdf

http://www.ryochans.com/report2009.html

===========
去る平成21年11月26日(木)から28日(土)に名古屋国際会議場で行われた第23回日本エイズ学会(大会テーマ「HIV/AIDS:予防とケアへの協働」)に参加しましたので報告いたします。

初日:特別講演「HIV陽性患者の肝移植―米国における現状と問題点」(コロンビア大学外科加藤友朗氏)と、サテライトシンポジウム「HIV合併症対策について」においても「血液製剤によるHIV/HCV重複感染患者への肝移植」(長崎大学移植・消化器外科教授兼松隆之)があったため、肝移植について考える機会となりました。
治療成績については、米国では年間6000件以上、日本では500件以上行われ、5年生存率が75%と日米に大きな差異はありませんでした。ただ、ドナーについては、米国は脳死肝移植が普及しており、日本では生体肝移植が99%というところが大きく違いました。
手術後は、拒絶反応とHCVの再発が課題となり、ここにHIV陽性が加わると、免疫抑制剤の使用と抗HIV薬の相互作用による管理や、HCVが再発すると進行が早いと言われ、さらに血友病が加わることで止血管理まで加わり、難しい問題が多いようです。
私自身の問題として「移植しなければ半年、移植すれば免疫抑制剤の使用プラス抗HIV薬」となったとき、どう判断できるか、どう判断するか、考えさせられました。

二日目:シンポジウム「HIVは本当に慢性疾患になったのか?~長期療養時代の陽性者支援の課題~」
今回6名のシンポジストとして、医療は潟永氏(国立国際医療センター戸山病院・ACC)、行政は大井氏(東京都福祉健康局)、福祉は岡本氏(国立病院機構大阪医療センター)、陽性者は真野氏(LIFE東海)、長谷川氏(ジャンププラス)、大平氏(社会福祉法人はばたき福祉事業団)から報告があり、それぞれの立場から、HIVに対するそれぞれの取り組みを聞くことができました。
私が思うことは、HIVが慢性疾患になったと答えたいのですが、言い切れないのが正直なところです。確かに治療を取り上げれば、抗HIV薬により安定した状態が続けば、社会参加や今までどおりの生活を続けられると思います。それでも、長期・短期と副作用が起きるかもしれない不安や、性感染症であるために、人に感染させるリスクや、差別・偏見をうむ要素は続くからです。そのあたりが、一般的にいわれる糖尿病や高血圧症のようなものと違うように感じます。
それでも、今回のパネリストの皆さんのように、それぞれの役割を持って、医療現場では最善の治療を目指し、行政は体制整備、福祉の現場でも患者の状態にあわせて介護施設や長期療養施設の確保に努力されていることや、HIV陽性者自らが問題を提起しながら、取り組んでいけば、本当の意味でも慢性疾患に向かっていけると思います。

三日目:NPO法人りょうちゃんず主催による「HIV/エイズと共に生きる-1995年、そのときのエイズを思う」(イベントホール)、「陽性者支援」では「NPO法人りょうちゃんずにおけるピア相談事業からの考察」、「検査相談」のセッションでは「広島県におけるHIV検査イベントとNPO法人りょうちゃんずの役割についての考察」を発表しました。

私は「広島県におけるHIV検査イベントとNPO法人りょうちゃんずの役割についての考察」を担当しましたので報告いたします。これは平成21年6月6日(土)にNPO法人りょうちゃんずのメンバーと、行政、医師、看護師、心理士、検査技師、市民・学生ボランティアが一緒に行った迅速検査イベントを紹介し、多くの受検者(とくに初めて受検した方が多かった)に検査機会を、提供できたことを報告しました。
また、NPO法人りょうちゃんずが参加したことが、スタッフの方に対する私たちの活動を理解してもらい、広島でのネットワーク作りにもつながりました。今学会でも、HIV抗体検査について、迅速検査か通常検査か、検査の評価、行政とNGOの役割、連携など様々な議論がされていましたが、地域の特色をもったやり方を今後もアピールしていきたいと思います。

イベントホールでは「HIV/エイズと共に生きる-1995年、そのときのエイズを思う」(NPO法人りょうちゃんず主催)を行い、藤原理事長と桃河モモコさんがトークイベントを行いました。藤原理事長自身のお話しや、桃河さんの友人で1995年に亡くなったFさんの話題と1995年当時のお話しやHIVとの関わり、そしてHIV陽性者の性についての話題について話し合いました。
性の話題については、あまり語りたくない、話せないなどネガティブなイメージが先行しがちですが、HIVが性感染症である以上、避けて通れない話題であり、病気のコントロールと共に、性についても語ることは重要と思います。「愛があれば大丈夫」とよく聞きますが、本当の愛を語るのであれば、HIVや性について真剣に語る場面必要があると思いました。藤原理事長が取り組んでいる「ケースマネージメントプログラム(CMP)を用いたHIV陽性者支援及びHIV感染予防のための研究」でも、課題のひとつとしています。HIVをもっていても、幸せをめざすことは大切ですので、人とのかかわりや性的かかわりを大切できる機会を、今後も作っていきたいと思います。会場に多くの方にご参加いただき感謝を申し上げます。

「全国HIV陽性者交流会」に、初めて参加しました。真野さんを始めとしたLIFE東海のメンバー、また他団体に所属する皆さんや、いつも会える方、懐かしい方、初めての方と様々にお会いできて、うれしかったです。近況をお聞きしたり、自分のことを話したり、安心して話しすることができました。運営準備にあった皆さん、お疲れさまです。参加者の皆さんには、またお会いすることを楽しみにしています。ありがとうございました。

最後に、今回の学会長である市川誠一先生の配慮により参加証をいただき、またスカラシップ委員会の皆様に、ご支援いただきありがとうございました。また、学会でお会いした皆様、大変お世話になりました。いつかお会いできる日まで元気でいたいと思います。

==========


桃川モモコ、ブブ・ド・ラ・マドレーヌ
『売る売らないはワタシが決める』人脈
ゲイリブ人脈(朝鮮半島、創価人脈)
後に反ヘイトスピーチ活動



特定非営利活動法人りょうちゃんず
広島市
定款に記載された目的 「本会は、HIV(エイチアイヴイ)に感染した人々に対し、治療等の情報提供及び介助支援等具体的なサポート活動を実践し、同時に我が国の人々に対し、正しい感染症及び疾患知識の普及を図ることを目的とする。」
役員の氏名 藤原良次,太田裕治,橋本謙,佐々木健二,藤原正
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/npo/1237163719146.html
         ゲイリブ  HIV  
2010/02/18
 
   http://tokushima.jtuc-rengo.jp/app/wp-content/uploads/2015/10/27ed2f308b89e209e38fc951e8b0fffb.pdf
===
第30回部落解放・人権徳島地方研究集会が2月17、18日の2日間
(略)
また、記念講演では人材育成コンサルタント・辛淑玉さんが「在日の立場と部落差別・人権を考える」について講演。辛淑玉さんは、被差別部落の友人の話や朝青龍引退、オバマ大統領誕生時のマスコミ報道を例に、外国人差別などについて、自分自身の体験を基に差別される側にいる人たちの不安や痛みを訴えた。
2 日目は、部落解放・人権教育(I~Ⅲ)、社会教育と啓発、狭山・共同闘争、企業・職域、自治体の課題、男女平等(ジェンダー)をテーマに8 会場で分科会議論を進めた。
===

   部落
         
 
2010/04/06


   
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/ijyusya/kiroku/season3_1.html

============
第1回 4/6(火) 
辛淑玉(人材育成コンサルタント)
「人種主義を考える――体験的“人種差別”考」
==============

=======
移住労働者と連帯する全国ネットワーク
在日韓国人問題研究所(RAIK)
在日韓国YMCA主催

======



在日韓国YMCAは、日本基督教団関係


     朝鮮  キリスト教
     
2010/07/13

 
   
http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-8713.html
=============
高知市と高知市教育委員会主催の「部落差別をなくする運動強調旬間」の講演会がありました。今回の講師は辛淑玉(しん すご)さんでした。
=========


高知県立美術館ホール

http://jcpkochi.jp/topic/2010/100725shinsugo.htm

 地方自治体  部落          
 2010/07/19

 







 =============
すでに「Ministry」第5号で告知しておりました
創刊1周年ご愛読感謝特別企画の
「Ministryセミナー」について、詳細が決まりましたので
公式サイトに先駆けて発表いたします

Ministryセミナー 第1弾@千葉

日時:7月19日(月・休日)
  10:30(10:00開場)~17:30

場所:日本キリスト教団西千葉教会
  (JR西千葉駅北口下車 徒歩1分 千葉市中央区松波2-7-3)

テーマ:「教会と癒し」

特別講師:香山リカ氏(精神科医)
 「精神科医として、個人として、教会に求めること」

特別講師:山中正雄氏(牧師、精神科医)
 「神の家族としての教会」

分科会:「礼拝と癒し」(越川弘英)
      「牧会と癒し」(関谷直人)
      「説教と癒し」(平野克己)

参加費:セミナー全体(5000円)
     特別講演のみ(3000円)

定員:先着100名

申込み:恵泉書房へ7/12まで
     ℡043-238-1224またはFax043-247-3072にて

第3号の対談でご登場いただいた
香山リカさんをはじめ、本誌編集委員の面々に
直接お会いできる貴重な機会です。

牧師、教会役員、信徒のほか、どなたでも
参加できます。お誘いあわせの上、ふるってご応募ください。

なお、8月以降に場所を変え、
第2弾、第3弾を順次開催いたします。
詳細は、本誌公式サイトにアップしていく予定です。
100名様限定ですので、今から日程をご確認の上、
お早めにご予約ください。
==========


       日本基督教団
     
2010/08/28
 
   
辛淑玉、広島市、講演会
広島市教職員組合(新市教組)
http://shikyoso.blogspot.jp/2010/07/blog-post_29.html


             
 
2010/10/02


 

http://ameblo.jp/tsuyoinihon/entry-10661545413.html
 ===================
■辛淑玉さん講演会
「日韓併合100年と日本社会」

日 時:2010年10月2日(土) 午後2時~4時(開場午後1時半)
場 所:教育文化会館2階大会議室 (長崎駅徒歩1分)
参加費:一般1000円 学生500円


===================

=========
◆NPO法人
岡まさはる記念長崎平和資料館

〒850-0051
長崎市西坂町9-4
電話&FAX 095-820-5600 begin_of_the_skype_highlighting
095-820-5600 end_of_the_skype_highlighting
tomoneko@land.linkclub.or.jp
==========

http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/oka/oka3.html
=========
岡正治さんは、牧師であり、長崎市議会議員であり、長崎・在日朝鮮人の人権を守る会の代表であり、忠魂碑訴訟の原告であり
=======

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/k-peace/2014/07/09094128.shtml
==========
朝鮮人被爆者の実態調査や反戦、反核運動などに取り組んだ牧師の岡正治(1918~94年)が75歳で亡くなって、21日で20年になる。58年に日本福音ルーテル長崎教会の牧師として長崎市に赴任。71年5月から83年5月まで連続3期、長崎市議を務め、被爆地で認識の薄かった旧日本軍の戦争加害に対する謝罪と賠償を訴えた。
========



     朝鮮  キリスト教      
 
2010/10/31



 
http://www.zenkokuren.org/2010/10/1031_8.html
 ====

【広島】
10・31 辛淑玉講演会 〜いま改めて問う部落差別と狭山事件〜
午後1時30分 開場
会場 いきいきプラザ(広島市西地域交流センター)
主催 辛淑玉講演会を成功させる会


====

   部落
         


2010/11/13


 
   
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/ijyusya/index.html


==========

第2回 11/13(土)18:30~20:30
「排外主義運動の系譜と現在-ネオリベラリズムと国家の変容という視角から」
木下ちがや Chigaya KINOSHITA (東京女子大学非常勤講師/政治学)
=======

移住労働者と連帯する全国ネットワーク

在日韓国人問題研究所(RAIK)

在日韓国YMCA主催


======

在日韓国YMCAは、日本基督教団関係

     朝鮮  キリスト教
     
 2010/11/23
   
==========
ミニストリーセミナー第2弾@日本基督教団神戸聖愛教会(2010/11/23 tue)の詳細が決まりました。テーマは「現代という病と教会の将来」、主題講演は森本あんり氏、分科会の特別講師として辛淑玉、藤掛明、水谷潔、小栗献の各氏が参加します。乞うご期待!
=========

水谷潔は、小さないのちを守る会(胎児の人権を擁護するキリスト教団体)の主事。中絶反対ね。

http://yaplog.jp/shinkichi1109/archive/282

http://blog.chiisana.org/?eid=1407430
==========
全体のテーマは「現代という病と、教会の将来」

午前の主なプログラムは、森本あんり先生による特別講演
「なぜアメリカの教会は元気なのか リバイバルの現代史を学ぶ」

「アメリカの教会、不健康、病気ちゃいますか?」と一部の牧師から関西弁で突っ込まれそうですが、きっと「元気」なる語句の意味が問いかける側の定義よりもっと深いのでしょう。期待しています。

 午後のメインは分科会。分科会は二回あり、前後半を選んで二度出席可能。その分科会の発題者四名が一人を除いてスゴイです。(言うまでもなく最後がショボイです)。ノンクリスチャン・フェミニスト・マイノリティーの三つを兼ね備えた人物を分科会講師に招いたところがいかにもキリスト新聞、スゴイです。藤掛氏はカウンセリングの分野で、小栗氏は讃美や礼拝学の分野で日本のキリスト教界をリードする器です。正直、自分が参加者になって、自分の担当以外の三つの分科会に出席したいです。

1.辛淑玉氏(人材育成コンサルタント)
2.藤掛明氏(臨床心理士)
3.小栗献氏(日本基督教団神戸聖愛教会牧師)
4.水谷潔氏(小さないのちを守る会代表)

 分科会の内容は決定次第、サイトでお知らせくださるそうです。

 さてさて、この自分以外が超豪華分科会メンバーという状況で何を話そうか?となるわけです。編集長からは「性教育について」ということなので、一回目は「日本の性を問う~情欲に溺れさせるシステムの中で」というようなタイトルで、一テサロニケ4章を土台に講演する予定。日本社会にはりめぐらされた「情欲に溺れさせる」システムとそれによって破壊されている日本の性、人格、結婚、家庭、社会の現状を共に見てゆきたいと願っています。その上で、同じ聖書聖書箇所が示す回復の指針を受け止めたいと考えています。ある程度、アカデミズムが要求されそうなので、一回目はチョット真面目にやります。

 同じ内容を二度しても、参加者は来てくれないだろうということと、Ministryのコント作家ということもあり、二度目の分科会は「チョット危ない教会談義ライブ!」のような企画を検討中。笑いたい方、自虐的になりたい牧師、頭を使わず教会の課題を実感したい方におすすめ。ちなみに、本当に危ないのがお好みの方には分科会1がおすすめです。

 とにもかくにも、私にとっては雲の上のような方々と共に奉仕できるのは光栄至極。そして、何よりも本会の働きをアピールし、発展を期待できる幸いなチャンスでもあります。どうか、読者の皆様、お祈りください。

 参加費は7000円で、100名限定です。詳細はサイトをご覧下さい。また、サイトから参加申し込みができますよ。

  http://www.ministry.co.jp/event01.html
==========

http://blog.chiisana.org/?eid=1407496
======
私の分科会は以下の通り。(サイト内の紹介文を転載)
 分科会Ⅰは「現代病としての性的歪みと教会の将来」
現代独自の性的歪みがもたらすのは人格、家庭の破壊や教会形成・福音宣教の停滞。Ⅰテサ4章より「情欲に溺れさせる現代文明」「聖潔への召し」「教会の責任」の三点を共に考える真面目企画。

======

つまり、純潔教育ですね。婚前交渉禁止ってことか。避妊も禁止でしょうね。不倫もダメ、性風俗業界も当然反対でしょうね。


辛淑玉の発言がクサイとにらんでたけど。純潔教育、中絶も避妊も禁止のキリスト教関係者に遠慮があるわな。


     日本基督教団        
 2010/11/27
   


http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/ijyusya/index.html


==========
第3回 11/27(土)18:30-20:30
「ナショナル・アイデンティティと排外主義を規定するもの」
金明秀 Myungsoo KIM (関西学院大学社会学部教員)

=======

移住労働者と連帯する全国ネットワーク

在日韓国人問題研究所(RAIK)

在日韓国YMCA主催


======

在日韓国YMCAは、日本基督教団関係




     朝鮮  キリスト教
     
 
2010/12/05




   
https://twitter.com/kdxn/status/11119345316921344
ーーーーーーーーーーー

野間易通‏
@kdxn


「普通の人たち」をレイシズムに駆り立てるもの - 先週にひきつづき、在日韓国YMCAへ。フリージャーナリスト、安田浩一の講演を聞く。「連続講座 移住者のリアリティ」... http://tumblr.com/xa1ym0fit

3:07 - 2010年12月5日


=========


在日韓国YMCAは日本基督教団関係

 朝鮮
   日本基督教団関係
       
 2011/01/15
   
https://twitter.com/Itikawa_Ziroo/status/25083494208118784
===========
非国民集合! 『平和力養成講座 非国民が贈る希望のインタビュー』出版記念会;1月15日(土) 開場18時 開会18時半 日本キリスト教会館・4階会議室 西早稲田2-3-18-24 「早稲田駅」徒歩5分 講演:斎藤貴男 司会:辛淑玉 挨拶:立野正裕、前田 朗 参加費・資料代500円

================


西早稲田2丁目は、特定の人脈の集まり。
朝鮮半島系キリスト教

日本基督教団関係

 朝鮮    日本基督教団        
20111/01/23


 
   
http://www.kenkyu-mie.or.jp/forum11.pdf

第11回みえ人権フォーラム
2011.1/23
9:30 16 ~ :00
入場無料
三重県人権センター

三重県人権フォーラム実行委員会
三重県多文化共生啓発事業実行委員会
津市一身田大古曽 693-1 三重県人権センター内 TEL 059-233-5525



http://www.jinken-library.jp/search_detail/95168.html
=========

プロ野球県民球団「三重スリーアローズ」の選手によるイベント(野球トレーニング教室、トークショー、サイン会、写真撮影会)、記念講演 講師 辛淑玉・人材育成コンサルタント、韓国農楽、子ども向け街頭紙芝居「想造舎」、企業・団体による人権関連の展示ほか▽1月23日(日)9時30分~16時▽会場=三重県人権センター(津市)▽主催=三重県人権フォーラム実行委員会
============


http://www.pref.mie.lg.jp/PDF/DAYORI/1101/page06-page07.pdf


三重人権センターは解同にのっとられてるという説があって、評判が悪い。




             
 
2011/01/19

   http://www.47news.jp/photo/146461.php

========-
部落解放県集会で辛淑玉さんが講演彦根 

 部落解放研究第18回県集会が19日、彦根市のひこね市文化プラザなど2会場で開かれた。全体会では、村上茂人実行委員長(滋賀同和問題企業連絡会代表幹事)が「戸籍の不正取得やインターネット上の差別など、今なお差別は続いている。みなさんには、集会の成果を今後に生かしてほしい」と1500人の参加者を前にあいさつした。  基調講演は、人材育成コンサルタントの辛淑玉さんが「人権力を養う」と題して講演。「白人と黒人の親をもつオバマ大統領を黒人と呼ぶなど、日本は血の文化。少しでも違う出自の人の血が混じっていると“何々人”と呼ぶ」と、日本社会に根強く残る差別を鋭く指摘した。  6つの分科会もあり、人権教

=========

滋賀県彦根市

   部落          
 
2011/02/03


 
http://www.nunomeyukio.jp/blog/archives/210

 =======-
人材育成コンサルタントで辛口の評論活動を続ける辛淑玉(シン・スゴ)さんの講演を聴きました。2月3日に催された長野市の「人権を尊重し合う市民の集い」での講演会で、テーマは「人権力を養う-想像力を広げる視点」。

====


             
 2011/07/03    

http://www.gender.go.jp/public/week/kako/h23event.html

2011/07/03
====================-
平成23年度男女共同参画週間講演会
7月3日(日)
「災害でみえてきたこと~阪神淡路大震災から東日本大震災の中で」
講師 辛淑玉(人材育成コンサルタント)
=======


 地方自治体            
 2011/07/23    
==========
李信恵 이(리)신혜@rinda0818

突然ですが23日と30日、チャンネル桜「さくらじSATURDAY」に出演しやす。NHKの「日本の、これから ともに語ろう日韓の未来について」を記事化してからもう1年、古谷経衡くんのレギュラー番組っす。21時~22時30分までの1時間半。http://bit.ly/fWDEug

2011年07月19日(火)
posted at 13:15:53
===========



             
 2011/07/30    



==========
李信恵 이(리)신혜@rinda0818

突然ですが23日と30日、チャンネル桜「さくらじSATURDAY」に出演しやす。NHKの「日本の、これから ともに語ろう日韓の未来について」を記事化してからもう1年、古谷経衡くんのレギュラー番組っす。21時~22時30分までの1時間半。http://bit.ly/fWDEug

2011年07月19日(火)
posted at 13:15:53
===========
             
 2011/08/20

   
https://twitter.com/penguins_rossi/status/103626450774659072
===========
【大阪人権博物館リバティおおさか】 学芸員セミナー「皮から革へ-皮の仕事と被差別部落」 8/20(土)13時~ 文公輝(学芸員)/リバティシネマ「人間の街-大阪・被差別部落」14~15:30
==========
             
 2011/09/17

 

チャンネル桜
https://www.youtube.com/watch?v=v0OE1OsgjKU
============


◆フジテレビ・NHK問題から見えるマスメディアの終焉

パネリスト:
 小山和伸(神奈川大学教授・メディア報道研究政策センター理事長)
 掛谷英紀(筑波大学准教授)
 河内孝(元毎日新聞社常務取締役・ジャーナリスト)
 西村幸祐(作家・ジャーナリスト)
 古谷経衡(ライター)
 山野車輪(漫画家)
 李信恵(ライター)
司会:水島総


==========


 
             
 
2011/10/01


   

福岡女性9条の会

http://www.f-josei9.org/event/111001.html
==========-
2011年10月1日(土曜日)、第9回集会を開催しました。講演者は、在日3世の女性「辛淑玉」さんです。
 午後2時に開演すると、ハーレムから友情出演のために来日してくださったSwing MASAさんの
サキソホーンの「枯れ葉」が流れ始めました。MASAさんにはエンディングにも演奏をして頂きました。


====


             
 2011/10/08

   
https://twitter.com/penguins_rossi/status/121128313682010112
=========
【大阪人権博物館 リバティおおさか】特別展「モダンガールズ 青踏の時代」 9/6(火)~11/6(日)/学芸員セミナー 10/8(土)午後2~4時 「焼肉・ホルモンを在日コリアン」(文公輝) http://www.liberty.or.jp/

===========



             
     


             
 2011/11/20
   
============
在日コリアン青年連合(KEY)@key_koreanyouth

【KEYイベント】平和をリアルに考え・感じ・発信する~李鐘元講演会&趙博ライブ&PEACE ACTION!~11月20日(日)13:00~リバティおおさか http://t.co/px3BHGbp ★皆さんからの平和メッセージ募集中です!

==========
             
 2012/02/10
   
奈良産業大学
http://www.nara-su.ac.jp/news_topics/ids/000991.html
==========
本学教職員を対象とした平成23年度人権講演会を開催しました。本年度は、大阪人権博物館の文公輝(ムンゴンフィ)氏による「多文化共生社会の実現にむけて-在日コリアン問題を通じて考える-」の講演をしていただきました。
====




             
2012/05/31

 
   
https://twitter.com/osaka_nvn/status/203124304735514624
==========

研修会のご案内「外国にルーツをもつこどもたちの現状と課題」5月31日19時~20時半、大阪国際交流センター会議室、講師:金光敏さん(コリアNGOセンター)参加費無料 電話またはメールで申込 
詳しくは(国際交流センターホームページ)
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20120426_2377/

23:06 - 2012年5月17日
============

             
 2012/07/26
   
http://www.taminzoku.com/kenkyusyukai/2012.html
===============

開催日時:2012年7月26日(木)
       午前10時30分~午後4時45分
        ※受付開始午前10時~

会場:大阪府立男女共同参画青少年センター(ドーンセンター)
    〒540-0008 大阪市中央区大手前1-3-49
    Tel.06-6910-8500

参加・資料代:一般4,000円   
         学生・65歳以上の方・障がいが有る方2,000円
         ※ネットでのお申し込みはページ下部にあります
         
規模:500名

主催:「第12回 2012多民族共生人権研究集会」実行委員会


午後1時30分~ 講演

テーマ:在日外国人問題の入門編~在日コリアン問題を学ぶ~
講 師:文 公輝(ムン ゴンフィ)さん

午後3時00分~ 休憩

午後3時15分~ 講演

テーマ:ダイバーシティ・ニューカマー問題等の人権講座
講 師:岩山 仁さん
================-


             

2012/08/17



 
   http://www.bunto.com/wp-content/uploads/2014/03/83.pdf


ふるさと会館いが 大ホール

辛淑玉 講演会

入場料 無料

いがまち同和教育研究会(平地)


(公財)伊賀市文化都市協会

 自治体
 同和          
 2012/09/23
 
李信恵 이(리)신혜@rinda0818
=============


夕方から「東大阪こさかJAZZストリート」の打ち合わせ会に、少しの時間だけお邪魔してきた。今年は9月23日に開催で、布施~八戸ノ里間の複数の会場でJAZZを中心としたステージが。おいら喫茶美術館で受付とか云われた。まだ先だけど、みんな来てね。

===========

 
             

2012/10/15

 
   辛淑玉、大阪府豊中市 講演会
http://www.npo-zutto.com/blog/archives/576


             
2012/11/06     
========================


安田浩一@yasudakoichi

ガード下のチラシ!僕の講演にふさわしい宣伝です! RT @euke1974: 中野駅のガード下で「ネットと愛国」を書かれた安田浩一さん( @yasudakoichi ) の講演会のお知らせポスター発見!11/6飯田橋で。行こうっと。 http://t.co/hDLuw1Yn

====================


             
2012/12/09


 
   ======================


人文書院@jimbunshoin

12/9(日)13時半~、集会「マイノリティが標的とされる現在~京都朝鮮学校襲撃事件から差別・襲撃・バッシングの社会をみつめる」@同志社大学明徳館M1教室。講演:金明秀、生田武志ほか/参加費300円。http://t.co/o0rJH4oq


===================


             
 2013/01/26
   
http://www.npohokkaido.jp/volunavi/modules/vsearch/index.php?t=1_2&keyword=&perpage=20&start=1120
======================
2013年01月26日まで 終了 辛淑玉講演会 「だまされない"人権力”を作る!」
=================

北海道 北区
             
 2013/05/18    
https://twitter.com/jimbunshoin/status/329023896462430210
===========
5/18(土)16時~、コリアNGOセンター講演会「ヘイトスピーチとカウンター行動」@TKP大阪本町ビジネスセンター。講師:安田浩一(ジャーナリスト)/参加費千円。http://korea-ngo.org/
=======
             
2013/07/28

 
 
=================


在日コリアン青年連合(KEY)@key_koreanyouth

7月28日(日)13:30~、KEY主催「レイシズムに対抗する関西集会~ヘイトスピーチを支える日本社会を問う~」をグランキューブ大阪にて開催します。講演者は辛淑玉さん。たくさんの方のご参加をお待ちしています! http://www.key-j.org/program/doc/2013/130728kansai_prjt.html…

============


   朝鮮          
 2013/08/10
   
==================

李信恵 이(리)신혜@rinda0818

ぎゃー!恥ずかしい。今、必死のパッチで準備しています…。タスケテ!!! RT @pukkochu アンニョンハセヨ!10日神戸での講演会行きますのでお会いできるの楽しみにしております。


===================


             
2013/10/04

 
   
http://korea-ngo.org/event/event13.html
============
レイシズム、あかん。第3弾 ~インターネットと差別~

インターネットにおける差別書き込みや差別扇動の問題は深刻です。ネット上における差別扇動の問題について日々取り組んでいる方をお招きして、共に考える集会をもちます。
 ・日時:2013年10月 4日(金) 18:30~21:00
 ・場所:ドーンセンター セミナー室2 (大阪市中央区大手前1-3-49)
 ・参加費:500円 (IMADR、ヒューライツ大阪会員は無料)
 ・報告者:世利桃枝さん(ニューメディア人権機構)、李信恵さん(フリーライター)、中野博章さん(奈良ふらっと市民会議)
 ・主催:人種差別撤廃NGOネットワーク、反差別国際運動日本委員会
      アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
 ・連絡先: 反差別国際運動(IMADR)大阪デスク TEL06-6581-8848

===========


             
 2013/10/21
   
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6146679&id=74960570
=====================
10月21日(月) 18:30~20:00(開場18:00) こうべまちづくり会館2階ホール(JR元町駅西口西南7分・元町商店街南側)  市民社会フォーラム第120回学習会案内 「辛淑玉さんとともに考えよう ヘイトスピーチと人権」   今年9月に、「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える 国際ネットワーク」(「のりこえねっと」) を立ち上げた、在日三世の辛淑玉さんに熱く語っていただきます。 参加費 1000円 共催 神戸学生青年センター
====================


             
inserted by FC2 system